Archived entries for 大関商品研究所 全体

今後のカフェについて

すでに春近し。昨年末からブログの更新が滞っていました。。

カフェ営業を始めてから、1週間経つのがなんと早いこと!

 

昨年の10月末になんじゃもんじゃカフェをオープンしてから、ここまで手探りでやってきました。

ある日は、とても暇で木の上に迷い込んで来た猫と私だけのこともありました。

近所の小学生がおこづかいを握りしめてたくさん遊びに来た日もありました。

1月16日に日経新聞に掲載頂いてから、テレビの取材のお話がいくつか舞い込んできて、ドラマの効果も合わさって、あっという間にお店に行列ができていました。

 

ここ数週間は、寒い中3時間4時間並んで入店している方もいる現状。。

ディズニーランド並みじゃないか…!

そんなに待って頂いたのにもかかわらず、こちらの体調を気遣って頂いたりとっても温かいメールをいくつも送って頂き、涙がちょちょぎれそうになります。

 

なんじゃもんじゃは木の上の小さなお店なので、7卓しかありません。(そのうち、ツリーハウスの中の席は3卓です。)

お客様の平均滞在時間が1時間前後です。

となると、どうしてもお待ち頂くことになってしまうのです。。

 

せっかくこんなところまで来てくださったのに、閉店までに入店できない方もいます。

本当に残念なことなので、そのような事態を減らすために、いろいろ、いろいろ、考えました。

 

そしてこうすることに決めました。

3月15日から営業日を増やします。

日曜日を定休日として、それ以外の日はオープンします。(ただし悪天候の日は、潔くお休みします。)

メニューも少し変更して、飲み物メインにします。

食べ物は、お昼の時間帯に気軽なものをちょっとだけご用意します。

カレーはしばらくお休みし、ベーグルのフレンチトーストは土曜日に30食だけご用意します(予定)。

みなさんこのロケーションを楽しみに来るのだから、なるべくたくさんの人に入って頂けるように、今は無理せず続けることを大切にしようと思います。

 

自分の手づくりの料理を食べてもらえるのが嬉しかったので、やや残念ではありますが、余裕が出てきたら少しずつ増やしていくつもりです。

 

今週末から移行期間ということで、メニューはドリンク中心に変えていきます。

お食事を楽しみにされている方、申し訳ございません。

早く体制が整うよう努力していきますので、ご理解のほど、よろしくお願いします。

 

ちなみに、、予約制や整理券制も考えられ得るいくつものパターンを検討しましたが、考え抜いた結果、やらないことにしました。

 

できるだけシンプルに。

 

もともと思い描いてた、「ふらっと来て木の上でコーヒーを飲んでいく」という形に近づけるといいな。

 

カナコ

カフェオープンの裏側

ついに、ついに・・・なんじゃもんじゃカフェオープンしました!

Webサイトもできました! http://nanjya.jp/cafe/

 

ちょっとずつじっくりじっくり工事しながら約10か月かけて完成したツリーハウスは、とってもヘンテコな小屋。

大関社長のこだわりが詰まっています。

 

お店の様子はなんじゃもんじゃハウスプロジェクトブログで詳しく書いて頂いています。

こちらより→「ツリーハウスカフェ、はじめました

 

10月27日のオープンに向け、てんやわんやな毎日でした。

料理やドリンクの研究をしたり、備品作ったり、Webサイト作ったり。

普段はシェアハウスの運営や会社の広報、雑用がメインの私ですが、カフェ店長を任せて頂くことになったのです。

 

社長は飲食店をたくさん経営してきたから、飲食店に対する目がとても厳しい。

そんな社長にOKを出してもらえるメニューを作るというプレッシャー。

メニューひとつ決めるにも、食材選び、仕入れ先、原価計算、仕込み時間、提供時間、盛り付け方などなど、、、考えることがいっぱいです。

それはそれで、勉強になってとても楽しい。久々に夜中まで作業する日々が続きました。

 

メニューは、ひとまずカレーとベーグルに決定。

カレーやベーグルの美味しくて有名な店を食べ歩いた。

日本一だと思われる人気のベーグル店に行ったら、やっぱり美味しくて、大きくて、悔しさでおなかいっぱいになった。

それから、粉の種類や発酵時間、ゆで時間や、いろいろ変えて比べて試行錯誤の毎日。

カレーもいろんな種類があるから悩んだ。いろいろ作った。でも、人によって好みは様々。

ここは自分が美味しいと思うカレーにすることに。

完成度は高まってきた。社長にOKも出してもらえた。

しかし、日々研究あるのみです。

 

ツリーハウスがとても素晴らしい場所なので、ここで食べたらなんてことないものでも美味しく感じる。

けど、ロケーションに負けない飲食を出したい。これは料理人の意地ってやつか。

 

コーヒーは、こだわって選んだ豆を、丁寧にハンドドリップ。

注文ごとにこのミルで挽くのです。

 

ほかにも、自家製にこだわった、ジンジャーエール、スモークサーモン、付け合せのピクルス、チーズなどなど。

チーズは例の牧場計画で作っているあのチーズです。こちらも群馬の工房で日々改良してもらってます。

 

開発したメニュー「ベーグルフレンチトースト」。

もちもちベーグルをカリッと焼いて、上からメープルシロップをかけたらアツアツのフライパンでジュワーってなります。
溶けかけたアイスとともにどうぞ。

 

飲食店を運営するのって想像以上に大変。

その道の方、ほんとうにリスペクトです。

こんな経験をさせてもらえて、ありがたいです。

 

社長が手塩にかけて育てたツリーハウスカフェを任せてもらえるなんて、ものすごく幸せなこと。

そして、バウハウス横浜の住人たちが手伝ってくれたり、応援してくれていて、これまでほぼ一人で仕事をしていた私にとって、同僚ができたようでとてもうれしいのです。

素敵なお店にきっとなります。します。

 

とにかく、まだ始まったばかり。

気を引き締めて、楽しくがんばります!

何より、この素敵すぎるツリーハウスで過ごす時間を共有したいなあと思っています。

ぜひ、ご来店ください!

 

カナコ

ツリーハウスカフェ営業への道

ツリーハウスカフェオープンに向けて、屋根の上では第二次なんじゃもんじゃ工事が行われています。
先日検査をしに来て頂いた保健所の方から、あまりにも調理場に隙間が多い&生木が調理場に生えているのはよろしくないというご指摘があったため、ツリーハウスの隣の屋根の上にもうひとつ、全力でパーフェクトな調理場を作っている次第であります。

 

新たに屋根の上にちっちゃな小屋を作りました(白いやつ)。

 

見晴らしの良いデッキもできました。

 

ツリーハウスからつながる階段も架かりました。

 

今回の調理場は、壁もツルッツルで1ミリの隙間も許さない、文句無しであろう仕上がり。

 

機能的かつ窓からの眺めが最高!
角部屋で二面の大きな窓、お湯も出て3つ口コンロあり。
こりゃ一部屋として貸せるんじゃないか・・・。

 

保健所の方々が調査している間、人事を尽くして天命を待つ感の馬場じいといずみ嬢。

 

そして、、無事営業許可を取得しました!

 

というわけで、なんじゃもんじゃカフェは10月中旬オープン予定で準備していきます。
乞うご期待!

 

カナコ


Copyright © 2004–2011. All rights reserved.